ヤドカリ船長の航海日誌

ラットレースから飛びだせ! 共働き子育てサラリーマン夫婦の投資、資産形成、教育ブログ

MENU

子供二人中学から大学まで私立、毎月の貯金額は

こんにちは。ヤドカリ副船長の妻です。

先日民間学童代月6万円を支出して、将来的な教育費が大丈夫か、という記事を書きました。検証した結果、子供二人を中学から大学まで私立に入れるには小学校の間月額24万円!の貯金が必要なことが分かりました。

www.yadokari-captain.com

 

1.中高私立→私立理系大学の学費総額は1人1,230万

ヤドカリ家では、中学受験をさせるかどうか決めていないのですが、金銭的には準備をしておきたいので、中学~大学まで私立、かつ大学はより学費の高い理系に進学、と仮定します。

 文科省の調査によれば、中高私立の場合、中学3年間で約400万、高校3年間で約300万となります。大学の場合私立理系では4年間で約530万です。つまり、中学からオール私立となる場合の学費は一人あたり1,230万円にも上るのです。

ヤドカリ家は子供2人なので、単純に2倍とすれば約2,500万円!

 

元データの金額は、以下文科省の調査から把握することができます。

結果の概要-平成26年度子供の学習費調査:文部科学省

私立大学等の平成27年度入学者に係る学生納付金等調査結果について:文部科学省

平成22年度国立大学の授業料、入学料及び検定料の調査結果について:文部科学省

2.2人分の大学までの学費を高校卒業までに準備するには毎月24万円の貯金が必要

 

              毎月の必要教育費貯蓄額

f:id:YadokariCaptain:20171008205149p:plain

 

上の子は年長なので、小学校卒業までの6年間で中学の学費、中学卒業までの9年間で高校の学費、高校卒業までの12年年間で大学の学費を貯金する、という条件で計算しました。

上のグラフの通り、この方式では小学校時代に最も必要貯金額が多くなり、中学、高校になるにつれて必要貯金額は減っていきます。
また、グラフは子供二人分の金額で作成しているので、一人の場合は、最も貯金額の多い小学校時代で月額12万円となります。

かなりの金額ですね。。ヤドカリ家の場合、月額のフローで達成できる貯蓄額ではなく、ボーナスを入れてどうにかなるか、、という感じです。

高校や大学での留学もさせたいという思いもありますが、中学から私立では資金的に厳しそうな現実。子供達の適性も見極めつつ、どこまで教育費をかけるのか、冷静な判断が必要となりそうです。