ヤドカリ船長の航海日誌

ラットレースから飛びだせ! 共働き子育てサラリーマン夫婦の投資、資産形成、教育ブログ

MENU

こまめな節電にさようなら。かんたんに電気代を8500円節約した話

ヤドカリ船長のパパです。 

f:id:YadokariCaptain:20171010070256p:plain

貯蓄を増やすためには家計の固定費を減らすことが大切です。

いくつかの固定費見直しのなかでも、電力会社をかえることによる電気代の節約は、手間もかからずできたのでオススメです。

2016年4月から家庭向けの電力小売自由化がはじまりました。

www.enecho.meti.go.jp

これにより、さまざまな会社が電力小売りに参入しています。

価格.com - 電気料金比較|最適なプランを選んで電気代を安く!

我が家は電気とガスを同じ会社から購入することにより、年間8500円削減できるめどが立ちましたので、東京電力から東京ガスに変えました。

本当に安くなるの?

電力会社を変えて電気代が下がるか気になるところです。
そこで、我が家が利用しており、関東圏で利用が多い東京電力と東京ガスで価格を比較しました。

各社、基本料+利用料(kWh単価)で価格設定しています。基本料は同額(40〜60アンペア)ですが、利用料が比較しにくい作りです。

 東京電力

kWh 価格
〜120 19.52
121〜300 26
300〜 30.02

東京電力(新価格)

kWh 価格
〜300 23.24
351〜 30.02

東京ガス

kWh 価格
〜140 23.24
141〜350 23.45
351〜 25.93

そこで、一般家庭が対象となる電力メニューの3つを比較しました。
1.東京電力 従来プラン
2.東京電力 新プラン(スタンダード)
3.東京ガス(ずっとも電気1)

利用電力量別ランキング

・282kWh以下 → 「東京電力 従来プラン」 
・283〜304kWh → 「東京電力 新プラン(スタンダード)」
・305kWh以上 → 「東京ガス(ずっとも電気1)」

 グラフにしましたが、わかりにくいですね・・・。

f:id:YadokariCaptain:20171010064326p:plain

さらに、東京ガスではガスと電気をあわせて契約すると、ガス・電気セット割が適用されて、さらに月270円の割引を受けられます。

毎月の電気利用料、どう調べるの?

電気利用料は毎月固定ではありません。我が家も夏・冬は電気代が高くなり、春・秋は安くなる傾向です。

毎月届く電気ご使用量のお知らせを1年分貯めて見直すこともできますが、気長には待てません。

そこで、私も使った本当に電力会社の変更がお得か調べるための便利なツールが2つを紹介します。

1.東京電力 でんき家計簿 

でんき家計簿に登録すると年間の電気使用量一覧を表示できます。

2.東京ガス 料金シミュレーション

こちらで電気料金の比較ができます。

apply.tokyo-gas.co.jp

我が家の比較結果はこの通りでした。

f:id:YadokariCaptain:20171010065429p:plain

東京ガスのサービスのため、ポイントもおトク額に含めています。
そのため、年間の電気利用料をみて、305kWhを超える傾向にあるかしっかりと確認することが大切だと感じました。 

手続きから完了まで

Webで手続きをすませること約1ヶ月後、電力会社変更通知のハガキが送られてきて完了でした。

途中にメールや電話での連絡はありません。もちろん電気は使い続けられています。

まとめ

電力会社の変更はとても簡単でした。
各社さまざまなサービスを提供していますので、お住いの地域の会社を比較して、光熱費を削減することをオススメします。

価格.com - 電気料金比較|最適なプランを選んで電気代を安く!