ヤドカリ船長の航海日誌

ラットレースから飛びだせ! 共働き子育てサラリーマン夫婦の投資、資産形成、教育ブログ

MENU

【投資初心者向け】ロボアドバイザーTHEO(テオ)の紹介と運用結果

こんにちは。ヤドカリ船長のパパです。

f:id:YadokariCaptain:20171013003954p:plain

日経平均株価が好調です。連日続伸により96年7月以来の2万2000円代をつけました。これにより、株式投資に関心を持つ人が増えるのではないでしょうか。

 

若年層が投資をしない理由

金融資産300万円以上の若年層(20〜40歳代)が投資をしない理由を金融庁が調査しています。

投資しない理由TOP3

  1. 十分な知識がない(65.2%)
  2. 損することが不安である(63.0%)
  3. 難しそう・敷居が高い(61.6%)

f:id:YadokariCaptain:20171027212812p:plain出典:金融庁

証券会社の口座を開設して、金融資産を選んで投資することは確かに調べることも多く大変です。さらに、資産が減ることもあります。

過去、私もそうでしたが、汗水垂らして働いて稼ぐものと親世代に教えられた人なら、投資をしない理由を考えてしまうのかもしれません。

若い世代はロボアドバイザー投資をはじめている

いま、ロボアドバイザー市場には多くの企業が参入しています。そして、35歳以下の若い世代がロボアドバイザー投資額を増やしています。

www.businessinsider.jp

ロボアドバイザーのTHEOは、ユーザーの48%が20〜30代、そして、84%は投資をほとんど経験していない層が利用しています。

運用中のお客さまが2万人を突破 / THEO User's Voice Movie も併せて公開。 | お金のデザイン

はじめての投資にロボアドバイザーをお勧めする理由

私もロボアドバイザーをいくつか試しました。サービスごとに細かな点はことなりますが、次の5つの理由から、はじめての投資としてロボアドバイザーが優れています。

  1. AIが最適な投資先を決めてくれる
  2. 手間がかからない
  3. 少額から積み立てられる
  4. 低い手数料
  5. 身銭を切ることで投資に関心を持つ

 

ロボアドバイザー THEO(テオ)の特徴

今回は、ロボアドバイザーのひとつで私も利用しているTHEOの紹介です。

THEOは株式会社お金のデザインのロボアドバイザーサービスです。

お金のデザインは、複数のベンチャーキャピタルからの出資を受け、2014年から営業開始。2016年2月に資産運用サービス THEO(テオ)をリリース。

2017年10月時点では、私を含む2万人以上がTHEO(テオ)で資産運用を開始しています。

まだベンチャー企業ですが、日本投資者保護基金に加入していますので、万が一破綻しても1000万円までは保証を受けられます。

1.AIが投資先を決めてくれる

アンケートに答えるだけでAIが231パターンの中から適切な投資を決めてくれます。

アンケートはとても簡単。「THEOを体験」を選び、

f:id:YadokariCaptain:20171027224912p:plain

年齢、年収、毎月の貯蓄額、現在の金融資産、THEOで運用をはじめる額を決めます。

f:id:YadokariCaptain:20171027224944p:plain

すると、つぎのシミュレーション結果が表示されます。

今回の例では、10年後には銀行預金に比べて資産が502万円も増えている可能性があります。

しかし、予想には上下幅あり、さらに資産が増えることもあれば、投資額を下回る可能性があることを示しています。

f:id:YadokariCaptain:20171027225052p:plain

私のポートフォリオは23個ものETFに分散されていました。

f:id:YadokariCaptain:20171027230834p:plain

この投資のAIエンジンは投資のエキスパートが作っています。
手数料はかかりますが、投資初心者が独自で作るポートフォリオより良いものでしょう。

f:id:YadokariCaptain:20171027231530p:plain

2.手間がかからない

 毎月の積立額とボーナス月の積立額を設定できます。1万円以上から指定できます。ボーナス月は0円でも大丈夫です。

一度設定すれば、振込の手間なく自動的に毎月積立投資をしてくれます。

f:id:YadokariCaptain:20171027230033p:plain

自動積立には次の金融機関が対応しています(2017年10月27日現在)

  • 住信SBIネット銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • 楽天銀行
  • 新生銀行
  • ゆうちょ銀行
  • ソニー銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行 

3.少額から積み立てられる

1万円から投資を始められます。

以前は10万円が最小投資額でしたので、以前よりも手軽にロボアドバイザーを始められます。

f:id:YadokariCaptain:20171027231647p:plain

4.低い手数料

投資報酬は預かり資産の1.0%(年)
入出金手数料 0円

昔購入した投資信託よりも低い手数料です。最近の投資信託に比べれば高い手数料ですが、全世界23個ものETFに分散、お任せ運用してくれるのであれば安価です。

f:id:YadokariCaptain:20171027231932p:plain

5.身銭を切ることで投資に関心を持つ

少額でも投資を始めた当初は、数百円でも資産の増減が気になりました。これまでニュースで流し読みしていた為替、日経平均株価、S&P500等の指数が目に入るようになります。

投資が面白いと感じれば、証券会社でNISA口座を開設し、THEOを参考にしたポートフォリオを自分で組むなど自分なりの投資法を探すことになります。(いま、ここです)

面白くなければ、投資はロボアドバイザーにお任せしてしまいましょう。

THEO(テオ)運用状況 2017年10月

運用開始から約7ヶ月経過
THEOの資産運用結果:+2万2千円 (+5.58%) 

世界的な好景気もあり順調なスタートです。

f:id:YadokariCaptain:20171027234303p:plain

いかがでしたでしょうか。投資初心者はロボアドバイザーから投資をはじめることをお勧めします。

 

THEOの他にもウェルスナビを試してみました。

時代が変わり、親世代と異なる資産運用観が求められます。