ヤドカリ船長の航海日誌

ラットレースから飛びだせ! 共働き子育てサラリーマン夫婦の投資、資産形成、教育ブログ

MENU

胃腸が弱い私が手放せないサプリ3種

こんにちは。ヤドカリ副船長の妻です。今回は趣向を変えて、健康管理についてです。

ヤドカリ家は夫婦ともに30代半ば。これくらいの歳になると、子供もいるし、健康にも気を遣っておかなきゃなという気になりますね。

私は胃が弱く、この10年ほど、疲れが溜まったり食事のリズムが乱れたりするとすぐに胃痛になってしまい辛い思いをしてきました。

病院に行ったりもしましたが、毎年人間ドックで胃カメラを飲んでも異常なしだし、ピロリ菌も陰性。どうやら体質的なものらしい、と分かってからは、どうしたら胃痛にならずに済むか、色々な胃薬、漢方、サプリを試してみました。

その結果、自分に合うサプリに出会い、状況は劇的に改善。下手すると月に1回は胃痛で寝込んでいたのが、現在の頻度は3ヶ月に一回、あ、調子悪いかな、くらいで留められるようになりました。

f:id:YadokariCaptain:20171124234354p:plain

 

1. エビオス錠

主原料はビール酵母。ラベルに「弱った胃腸に」、胃もたれ、消化不良、おなかのハリ、と書いてあるのを見つけた時、これは私のためにあるサプリだ!と直感して購入。

結果大正解でした。飲み始めてから、胃の基礎体力が上がった気がします。ちょっと疲れても胃が持ちこたえてくれるようになりました。

飲み続けるにあたって、酵母という天然素材であること、リーズナブルな価格も大事なポイントです。2,000錠入りで約1,500円。一回量が10錠なので、毎食欠かさず飲んでも2ヶ月は持ちます。

あえてよくない点を挙げるとするなら、匂いと味が独特だということでしょうか。決して、美味しくはないです。あとは、1回10錠と量が多いので、錠剤が苦手な人にはちょっと辛いかもしれません、

2.ビオフェルミンS

言わずと知れたおなかの薬。胃というよりは腸に対するアプローチですね。胃痛があると、続いて軟便になってしまうことも多く困っていて、飲み始めたのですが、やっぱりいいです。

即効性があるわけではないのでどうなのかな、と思う時もありましたが、飲み続けることで便通のリズムも毎日朝と決まってきましたし、ちょっとおなか緩いくらいならビオフェルミンだけで復活することも。

成分は、ビフィズス菌の他に、フェーカリス菌、アシドフィルス菌という乳酸菌が含まれています。フェーカリス菌やアシドフィルス菌は整腸作用の他に花粉症やアレルギー性鼻炎にも効果があるとされています。

お値段もお手ごろです。新ビオフェィルミンS錠は540錠入りで約2,600円。用量は大人毎食後3錠なので、やはり毎食飲んでも2ヶ月持ちますね。

エビオスに比べて味もほのかに甘く、とても飲みやすいです。

3.梅肉エキス

青梅を煮詰めて凝縮したもので、日本古来の栄養補助食品。1日の摂取量3グラムに青梅7〜8個分の成分が凝縮されているそうです。色は真っ黒で蜂蜜のようなとろみがありますが、そのままだと強烈に酸っぱいです。

酸っぱいのが好きな人はそのままぺろっと舐めても良いですし、蜂蜜と一緒に水かお湯で割ると梅ジュースとしても楽しめます。ヤドカリ家の子供達も蜂蜜割りは好きで、「ばいにくちょうだーい」と自分でリクエストしてきます。

成分は梅なので自然のものですし、夏場は夏バテ防止に、冬場は胃腸風邪防止に家族皆で愛用しています。

おまけ.それでも調子がイマイチな時は、大正漢方胃腸薬

これだけサプリを飲んでいても、やっぱり調子がイマイチな時はあります。

ちょっとでもおかしいな、と思ったらすぐに大正漢方胃腸薬を飲むようにしています。

この薬が私にはすごく合っていて、1、2日毎食前に飲むと、ひどくならずに済むことが多いです。味は漢方独特のものですし、粉薬なので苦手な人もいると思いますが、私にとってはどこに行くにも携帯しているお守りのような存在です。

 

こうして書いてみて、改めて胃が弱いなぁと実感。。苦笑

このサプリたちとはこれからも長いお付き合いになりそうです。