ヤドカリ船長の航海日誌

ラットレースから飛びだせ! 共働き子育てサラリーマン夫婦の投資、資産形成、教育ブログ

MENU

2017年のふるさと納税まとめ

こんにちは。ヤドカリ副船長の妻です。

早いもので今年も残すところあと1日なりましたね。

12月に入り、あ、ふるさと納税枠使い切ってなかった!と気づき、残っていた今年分を急いで納税しました。

今年の納税先と返礼品をまとめます。

f:id:YadokariCaptain:20171230143711p:plain

 

食べ物以外でオススメの返礼品

色んな地方の食材の返礼品が魅力ではありますが、食べ物ばかりだと保管に困ることもありますよね。

今年ヤドカリ家で頼んでみたのが、こちらの2品。

1. リンガーハットグループ共通商品券(静岡県小山町)

10,000円の寄付で、日本国内の長崎ちゃんぽんリンガーハット、とんかつの浜勝でのお食事に使える商品券4,000円分がもらえます。使用期限はなし、置く場所にも困らない、ということで非常に重宝しました。

長崎ちゃんぽんなのに静岡?と思って調べてみたところ、株式会社リンガーハットの本社は長崎県にあるのですが、工場が静岡県小山町にあるんですね。

また、小山町の返礼品にはサーティーワンアイスクリームの商品券もあります。

 

2. REGAL ビジネスシューズ 315R (大阪府和泉市)

54,000円の寄付でREGALのビジネスシューズがもらえます。販売価格は約29,000円なので、還元率5割を超えます。ふるさと納税の返礼品の還元率を4割程度に下げる自治体が多い中で 、お得感のある品物でした。

返礼品は和泉市の靴屋さん「Walk up」から送られてくることになっており、希望の色、サイズの在庫があるか問い合わせる必要があります。

 

食べ物もやっぱり外せない

もちろん、食べ物も頼みました。

子供たちが好きなマグロとウナギ、そしてお米です。

 

1. マグロは三浦市の三崎港

 10,000円からマグロのお刺身セットや鍋セットなど、マグロづくしの返礼品が各種揃っています。

京急に乗ると、三崎港に行ってマグロを食べよう!という広告をよく見かけるので、一度行ってみたいなぁと思っていたのですが未だかなわず。三崎港って神奈川県なので東京からは近いんですよね。品川から最寄りの三崎口駅まで1時間ちょっと、そこから港まではバスですが、1時間半程度で到着です。

現地に行くのはまた次の機会に譲るとして、ふるさと納税ならお家にいながらお目当のマグロが直送されてくるわけなので、ありがたいですね。

 

2. ウナギは岐阜の各務原市

 10,000円でウナギ2尾の返礼品となります。 

 ウナギといえば静岡のイメージがありますが、ひつまぶし文化の名古屋に近い岐阜ではウナギ屋さんが多く、皆良くウナギを食べます。

今回は、各務原市の行列店「たむろ」の品をお願いしました。焼き目は結構しっかり系なので、野田岩など焦がさず焼き上げるウナギとはまた違った力強い味わいで、茶漬けにしても美味しいです。

 

3.お米は岡山県吉備中央町

 10,000円で20キロのコシヒカリが届きます。様々な自治体がお米を返礼品にしていますが、20キロというのは一、二を争う量だと思います。ヤドカリ家では去年に続き、吉備中央町のお米をお願いしました。

 お米といえば東北のイメージですが、岡山のお米も美味しいですよ。何より、子供達の食べる量も増えてきたヤドカリ家にとって、沢山いただけて家計的にも大助かりでした。

 

来年はどこにふるさと納税しようか、今から楽しみです。