ヤドカリ船長の航海日誌

ラットレースから飛びだせ! 共働き子育てサラリーマン夫婦の投資、資産形成、教育ブログ

MENU

ホワイトボードペーパーお支度ボードをリビングに導入!

こんにちは、ヤドカリ副船長の妻です。

ヤドカリ家は子供が2人、上は6歳(年長)、下は3歳(年少)です。

朝も夕方もバタバタの共働きだと、子供達に対する声かけは、「手洗いうがい!」、「歯磨!」、「お支度!」などなど指示ばかり。

どうにかしたいなぁと思って調べてみると、お支度ボードってのがあるんですね。

ホワイトボードに、やることを1つずつ書いたマグネットを貼って、できたらひっくり返したり、移動させたりして、やることを見えるようにしておくというもの。つまり、ToDoリストを子供でも分かるように作ったものですよね。

f:id:YadokariCaptain:20180211211648p:plain

省スペースなホワイトボードペーパー&付箋で作成

早速やってみよう、と思ったものの、ホワイトボードを置くのに適当な場所がない!

壁掛けにしようかとも思いましたが、ヤドカリ家のマンションはコンクリート壁でフックなどを掛けにくいんですね。。

そこで、ホワイトボードペーパーを使ってみることにしました。シール状になっているので壁にそのまま貼ることができるし、好きな大きさにカットして使うこともできます。

ヤドカリ家では、Rabbitgoo ウォールステッカー ホワイトボード シートを横長に使い、横は70㎝ほどでカットして貼っています。

白い壁との境目が分かりにくく、子供達が壁にまで落書きするのを防ぐために、可愛いマスキングテープで縁取りしました。

マグネットの代わりに強粘着の付箋を使い、終わった項目を移動させていきます。

マグネットに比べて、付箋は取れやすいですが、強粘着であればすぐに落ちてくることもありません。粘着力がなくなったり汚れたりしたら、すぐに張り替えることもできますしね。

ポイントカードでやる気アップ

お支度ボード、導入してから子供達が自分でやることを目で見て、自分で動くことが増えたと思います。

親の声かけも、「手洗ったの?」、「お支度は?」から、「ボード見て、今何やらないといけないかな?」と自分で考えて行動するように誘導しやすくなりました。

子供たちも、やることが全部クリアになると気持ちがいいようで、「全部できたよー」と教えてくれます。

せっかくでき始めたこのいいサイクル、是非とも続けさせたい、と思い、ポイントカードも作りました。

全部できたらシールがもらえて、シールを10枚貯めると賞品がもらえることになっています。

「賞品何にしようか?」と子供達に聞いたところ、「賞状!」だそうです。発想が可愛くて、和みました。

親も子供も、お支度ボードを有効活用して、ハッピーな時間を増やしたいと思います。