ヤドカリ船長の航海日誌

ラットレースから飛びだせ! 共働き子育てサラリーマン夫婦の投資、資産形成、教育ブログ

MENU

小学生に向けて朝型生活にシフト

こんにちは。ヤドカリ船長の妻です。

昨日は今年度最終日、上の子は保育園の登園最終日でした。

既に卒園式は終えているものの、保育園までの行き帰り道にあったあんなことやこんなことを思い出し、しみじみしていました。

そして、いよいよ来週からは小学生生活がスタートします。

小学生にむけて、心配なのが学習面です。何しろ、朝も夜も時間がない。今のままのタイムスケジュールでは宿題を家でやる時間はもちろん、親が確認する時間するすらない。。

どうやって学習時間を確保するか、未だに試行錯誤ですが、最近の取り組みを記録しておきます。

ちなみに、これまでのタイムスケジュールはこんな感じでした。

http://www.yadokari-captain.com/entry/2017/11/22/232138

 

f:id:YadokariCaptain:20180331144123p:plain

1.生活リズムを朝型にシフト

通っていた保育園では年明けから徐々にお昼寝をする日の回数が減り、3月は毎日お昼寝なしとなりました。

お昼寝がないと、家に帰る19時にはもう眠くなっていることも多いし、疲れからか機嫌が悪いことも増えました。

これまでは、帰宅→夕食→通信教育のワーク1〜2ページ→テレビ→お風呂の順で、寝るのは9時半〜10時でしたが、お昼寝がないとその時間まで起きていることは難しい状況。

そこで、夜はご飯を食べて寝るだけにして、通信教育とテレビの時間を朝に回すことにしたのです。21時就寝、6時起床を目標にして、現在のスケジュールはこんな感じです。

18:30 保育園へお迎え18:50 帰宅

19:00〜19;30夕食

19:40〜20:10 お風呂

20:15〜20:30 歯磨き

20:30〜20:50 絵本

21:00 就寝

5:30 母起床

6:00 子供達起床

6:15〜6:40 朝食

6:40〜7:00 通信教育のワーク

7:00〜7:20 テレビ

7:20 母家を出る

7:40 父と登園

 今のところ、朝型にスムーズにシフトできており、中々いい感じです。

あえていうと、ご飯の後お風呂にすぐ入るので、それが消化にあまり良くないかな、くらいでしょうか。笑

ただ、朝勉強する時間を何とか確保できているとはいえ、たった15分です。

Z会のワークを1、2ページやるのが精一杯で、あれもこれもやる時間は全然ありません。

そこで、これまで以上に生活の中に学習の要素を取り入れるようにしています。

2. お風呂で算数

お風呂の時間には、計算の練習。

活用しているのが公文の足し算表です。壁に貼って、一列ずつ読んだり、問題出し合いっこをしたり。同じ答えになる組み合わせが同じ色になっており、答えが10になる組み合わせはオレンジ等、一目で分かるのもポイントが高いです。

また、最近はお風呂のおもちゃに計量カップを使っています。コップに入れた水が何mlなのか計ったり、お店屋さんごっこをして「お水を200mlください」と注文したり。単位も自然と覚えられたらいいなと思います。

3. 絵本タイムは音読と感想、ときどき英語

絵本は子供達が読みたいものを読んであげるばかりではなく、「読んでくれる?」と聞いて上の子に読んでもらったり、読んだ後、「どこが面白かった?」と感想を話し合ったりしています。

上の子は、人前で話すことに苦手意識があり、自分の思っていることを説明するのもまだまだ上手にできないため、話をする機会をできるだけ作りたいと思って取り組んでいます。でも、眠くなってくると、「何でいつもどこが面白いって聞くのよ!」と不機嫌になったりするので、、しつこく聞くのは良くないですね。

それから、最近すっかりサボっていた英語。やっぱり少しずつでも毎日やろうと思い、時間がある時は日本語の絵本+英語の絵本を寝る前に読むことにしました。

英語はインプットの量が足りておらず、全然英語が口から出てこないため、やっている意味があるのか、と思ってしまうこともあるのですが、諦めないで続けたいと思います。