ヤドカリ船長の航海日誌

ラットレースから飛びだせ! 共働き子育てサラリーマン夫婦の投資、資産形成、教育ブログ

MENU

小一の壁を前に勤務時間を短縮

こんにちは。

ヤドカリ副船長の妻です。

上の子が小学校に入学したのですが、小一の壁を前に子供以上に私が疲れてしまい、

風邪をひいていました。。

色々考えた結果、これまでの7.5時間勤務(8:30−17:00)を6時間(9時−16時)勤務に短縮することにしました。

ヤドカリ家の場合は、こんな理由です。

f:id:YadokariCaptain:20180427212629p:plain

民間学童では解決できない1年生4月の疲れ

学童選びで迷った結果、やはり預かり時間が決め手となり民間学童を選んだヤドカリ家。公立学童は18時まで、民間学童は19時まで、延長もありでした。

お金はかかるけれど、これでお迎えに間に合わないということはない、と安心していました。

ところが、いざ4月が始まってみると、子供の疲れが予想以上だったのです。18時過ぎに迎えに行くと、もうヘロヘロで帰り道は話をする気力すらありません。

親としては、保育園でも3月からはお昼ねをせず18時半まで預けていたんだから、生活リズムとしては同じだろうと思っていたのですが、甘かったです。

やはり、学校に学童に全てが新しい環境に変わり、緊張もあり毎日すごく疲れるんですね。

夕食を食べずに寝てしまうこともあり、これはお迎えの時間を早くしないと可哀想だと思ったのです。

夫が激務な部署に異動

加えて、夫は4月から部署が変わり、朝は早く夜遅くまで働くことになりました。

これまで、朝の送りはパパの担当だったのですが、週に1日送れる日があるかないか、という状況です。

保育園は朝7時半〜預かってくれますが、小学校は8時15分にならないと教室に入れません。家を出るのは7時50分です。小学生になったとはいえ、朝一人で戸締りをして学校に通うのはまだハードルが高い。

となると、私の出勤時間を遅らせるしかないな、という結論です。

時短にできるのはありがたいけど、仕事は減らない。。

幸い私の職場にはママが多くおり、勤務時間を短縮することで嫌な顔をされるということはありません。が、仕事が減らされることもありません。

ということはつまり、今まで7時間かけてやっていたことを6時間で終わらせなければならないということです。給料は減るのに!!

どれだけ働いたかじゃなくて、1時間あたりの生産性を見てくれ!と声を大にして言いたいところですが、出張も残業もセーブしているママ社員ですし、そこはもう、粛々と仕事をするしかありません。

そんな状況の中、早く帰らなきゃー!でもやること多いー!と頑張った4月、中旬にガソリンが切れてまんまと風邪を引いたというわけです。。

とりあえず、給料は減るけど、子供と自分が元気に毎日を過ごせることを優先することにしました。

やっと連休に入ったことだし、家と体調を整えたいと思います。