ヤドカリ船長の航海日誌

ラットレースから飛びだせ! 共働き子育てサラリーマン夫婦の投資、資産形成、教育ブログ

MENU

ワーママの転職活動、理想と現実

こんにちは、ヤドカリ副船長の妻です。

仕事に対して、モヤモヤしている最近の状況を変えたくて、転職活動を始めました。

パートではなく正社員で働きたいと思っているので、とりあえず転職サイトに登録しました。登録すると、ウェブ上の求人情報が見られるようになります。さらにキャリアアドバイザーと面談すると、希望条件にあった求人を紹介してくれるというので、面談してみました。

面談の結果、転職活動を始める際に決めておくべき条件がよく分かりましたので書いておきます。

 

f:id:YadokariCaptain:20180721232153p:plain

 

1.いつまでに転職するのかを決める

転職活動期間の目安は、集中して活動する人なら1〜2ヶ月だそうです。と言うのも、転職が決まれば、翌々月には転職先での業務スタートが一般的だから。求人も3ヶ月以上先の入社を想定しているものはほとんどないそうですから、現職のまま転職活動をするのであれば、辞めるタイミングから逆算して、転職活動をスタートするのが良さそうです。

 

2.労働時間、給与、キャリアの優先順位を決める

タイミングを決めたら、何のために転職するのか、をクリアにします。大きな要素としては、労働時間、給与、キャリアの3つだと思いますが、私の場合は、労働時間≧キャリア≧給与です。

現在の所属先は、9時〜18時定時で、在宅勤務やフレックスはありません。そのため、時短がなくなる2年後を見据え、労働時間=拘束時間である現状を変えたいというのが1番の理由です。在宅勤務やフレックス制度が利用可能、もしくは残業が少ない会社、でお願いしました。

さらに、業種としては経験したことのある市場調査やライティング、もしくは事務職全般としました。

3.年収の下限を決める

と、ここまで話をすると、キャリアアドバイザー曰く、「年収はいくらを下限とするか決めておいたほうがいいですよ」とのこと。年収が多少下がるのは仕方ないと思っていましたが、どこが下限のラインか、明確に決めていなかったので、とりあえず、現状より50万ほどの下げた数字を言ってみました。

すると、「うーん、、条件を満たす中でそこまでの年収の求人はほぼないですね。。現状より100万下でも条件としてはいい方で、求人が出たら即募集終了になるくらいです。」と言うではないですか。。

 現在も時短なので給与は安いのですが、まさかその現状よりも100万円以上も下回るとなると、考えてしまいます。。

4.転職するかしないかを決める

現在は毎日送られてくる求人メールを見ていますが、まだこれは、と思う企業には出会えていません。逆に、自分の現在の職場の条件の良さが分かって、ちょっと転職熱が冷めてきました。。これだけでも転職活動をしてみる意味はあったのかなと思います。