ヤドカリ船長の航海日誌

ラットレースから飛びだせ! 共働き子育てサラリーマン夫婦の投資、資産形成、教育ブログ

MENU

小一計算練習の家庭学習 使ってよかった算数教材&アプリ

 

こんにちは。

ヤドカリ副船長の妻です。

家庭学習シリーズ、今回は小学生になってからの算数の家庭学習に使ってよかったグッズを紹介します。

1年生の算数なんてまだまだ簡単、と思っていた1学期。2学期に入ると繰り上がり繰り下がりの計算が始まります。算数は積み重ね、と言いますが、早くもこれを実感することになります。

繰り上がり繰り下がりの計算をスムーズに行うのは、まずは5の合成、次に10の合成が身についていなければならないからです。1学期の10までの計算をいかに染み込ませるか、が大事だと分かったので、見て、触って数を感じられる教材やアプリを活用して反復練習に努めました。

f:id:YadokariCaptain:20181104162856p:plain

1.5の合成にはヌマーカステン、それ以上の数は100玉そろばん

ヌマーカステンは知る人ぞ知る算数教材かと思います。

「知性と思考力を伸ばす」をモットーにする幼児教室ピグマリオンが作成しており、以前紹介した「2歳児の算数」の教材にも含まれています。

商品一覧・学具の紹介 ピグマリオン 幼児家庭学習

真ん中に仕切りのある箱にビー玉サイズの玉を入れて使う、モノとしては家でも自作できる単純な仕組みです。これを使うと、左右の玉を動かして数の合成を見せることで、足し算を実感として理解することができます。

5までの合成は、ヌマーカステンでの練習が効果的だったと感じます。

 

100玉そろばんは言わずと知れた有名教材なので、既にお持ちの方も多いかもしれません。

10玉1列のまとまりが10列あり、100までの数を視覚的に理解するのに便利です。

ヌマーカステンはビー玉のような玉を入れて使うので、20を超える数の場合は玉がこぼれたりして、大変です。

100玉そろばんの場合、1列に10玉が固定されているため、20以上でもすぐに数が作れて便利ですし、列ごとに玉の色が異なっているので、10以上の数が10といくつに分かれるかが把握しやすくなっています。

特に繰り上がり繰り下がりを考えるときに、式だけ見てもピンとこない時は、そろばんでやってみよう、と数を作って見せました。

最初は実際に玉を動かして答えを出しますが、だんだん数を見ただけで答えが分かるようになり、最近ではそろばんがなくても大丈夫になってきました。

 2.数の理解に役立つアプリ

計算力の定着には反復練習が欠かせません。理屈は分かっても、頭の中で素早く操作できるようになるには回数をこなすしかないのですね。学校の宿題でも計算カードが毎日出されますが、それだけだとどうにもマンネリ化してつまらなくなりがちです。

そこで、ゲームとして足し算が楽しめるアプリが活躍しました。

SUM!

落ちてくる数のボールで10を作ると消えていくゲーム。足し算版のぷよぷよです。

10までの計算なので、足し算の基礎づくり、10の補数の定着にオススメです。

点数が出るので家族で競い合ったりして、結構盛り上がります。

SUM! for Family  - かわいい数字で算数遊び
SUM! for Family - かわいい数字で算数遊び
開発元:Enfani Inc.
¥120
posted withアプリーチ

算数忍者

主人公の忍者と10を超える数の足し算引き算が練習ができます。

易しい問題から難しい問題へとステップアップしていくので、ドキドキ感も味わいながら、飽きることなく続けられます。

算数忍者〜たし算ひき算〜ゲームで足し引きが好きになる!
算数忍者〜たし算ひき算〜ゲームで足し引きが好きになる!
開発元:Fantamstick
無料
posted withアプリーチ

 

これからも計算練習は、ドリル以外にも、見て触って、ゲームの要素も取り入れながら、楽しく取り組んでいきたいと思います。