ヤドカリ船長の航海日誌

ラットレースから飛びだせ! 共働き子育てサラリーマン夫婦の投資、資産形成、教育ブログ

若くしてアーリーリタイアを実現させる人々(FIRE)

こんにちは。

ヤドカリ副船長の妻です。

最近FIREと言うのが北米でブームだそうです。

FIREは、Finacial Independence, Retire Early の略で、十分な資産を貯めて早期にリタイアすること、いわゆるアーリーリタイアのことを指しています。

FIREってアーリーリタイアとは何が違うのか、日本の共働き30代にとって参考になる点は何か、調べてみました。

f:id:YadokariCaptain:20181202135522p:plain



FIREの特徴 1億の預金とともに30代で引退するミレニアル世代

アーリーリタイアの場合、定年よりも少し早く退職する、年齢としては50代が多いのではないかと思います。FIREの場合は、ミレニアル世代中心に起こっているブームで、NYtimes等にも連載されており注目を集めています。

https://www.nytimes.com/2018/09/01/style/fire-financial-independence-retire-early.html?module=inline

年収1,000万円を超える職についていても、仕事がハードでプレッシャーが大きく、家族との時間、自分の時間を自由に使えないことに嫌気がさし、30代のうちにリタイアする人たちが増えているのだとか。

もちろん、リタイアには十分な資産が必要で、多くは1億円程度の預金を元手にしているそうです。

1億もの貯金ができるなんてその時点で庶民には夢のようですね。

でも、金融など一部の高給取りの職以外でも、リタイアする時間を早めるために、現在の生活コストを下げて貯蓄を増やし、実際にFIRE生活を実現させている人がいるそうです。

例えば、現在の戸建てを売って狭い家に引っ越して住居費を節約、食材はすべてコストコで調達、家の中の修理はすべてDIY、というような具合です。

東京の30代共働き夫婦が1億貯蓄するには?

FIRE生活に憧れますが、まずは何よりも貯蓄がないといけません。

単純に、これから1億貯めるにはどれくらい時間がかかるか計算してみました。

35歳共働きで、60歳まで働くとすると、25年間。

1億円÷25=400万円

年間400万円貯金して、60歳でやっと1億円です。

単純な預金だと全く実現可能性がなさそうなので、年率3%で運用するとしてみましょう。

月額25万円ずつ積み立てるとすると、60歳時点で1億を超えます。

複利計算はこちらのサイトが便利です。

https://keisan.casio.jp/exec/system/1254841870

年間貯蓄額にすると300万円ですから、複利の力はやはり大きいですね。

でも、現状のヤドカリ家では年間300万円も貯金できませんから、60歳まで働いても1億円の貯蓄は達成できないという悲しい結果に。。

そして、60歳まで働いたらアーリーリタイアじゃないですしね。

とはいえ、普通に暮らしていたらいつまででも働かないといけないのね、ということが身にしみて分かったのは良かったかと。やはり生活コストを切り下げて、無駄を見直していくということが大事ですね。