ヤドカリ船長の航海日誌

ラットレースから飛びだせ! 共働き子育てサラリーマン夫婦の投資、資産形成、教育ブログ

2018年NISA投資枠使い切りました

こんにちは。ヤドカリ副船長の妻です。

2018年も残り2週間となりました。冬のボーナスが出て、クリスマス、お正月とイベントが続き、つい財布の紐も緩みがちですが、投資については淡々と自分で決めたルール通りに行なっています。

f:id:YadokariCaptain:20181222151745p:plain

2018年の投資はNISA口座で米国ETFを積み立て

2018年の投資方針はNISA口座を活用して米国ETFを積み立てることに決めていました。

NISA枠120万円を1年で使い切るとして、毎月10万円ずつ米国ETFを買ってきました。

ETFの中身は、米国株式全体をカバーできるVTI、高配当のVYM、ハイテク中心のVXUS、守りの債券BNDの4種類です。

 

2018年の評価額は大幅マイナス

12月で今年の枠120万円分の投資額となったわけですが、2018年の評価額はどうだったのかというと、、本日時点で-6.7%、7万5,000円のマイナスです。。。

内訳をみると、VTIが−10%、VYMが−7.9%、VXUSが−13.8%、BNDが0.94%となっています。さすがにBNDは底堅いですが、その他の下落幅が大きいため焼け石に水といった感じになっています。

やはり12月に入ってからの下落が大きく響いています。

VTIについては、2018年の最安値を連日更新中ですね。

f:id:YadokariCaptain:20181222153531j:plain

 

ただ、5年スパンで見ると、まだまだ高値ともいえる価格です。

f:id:YadokariCaptain:20181222153928j:plain

 

また、2019年も引き続き米中貿易摩擦等先行きが不透明な状況もあって、米国経済は低調な見通しですから、まだ下げる可能性は高いでしょうね。

下落のタイミングでも買い増しはせず、淡々と

下がっているタイミングでは、買い増しするのも一つの選択肢だと思いますが、ヤドカリ家としては、相場に左右されず、2019年も淡々と毎月の投資額の範囲で買い増していく方針です。

相場の底を見極めるのは難しいですし、相場をこまめにウォッチする時間もないのが正直なところ。。

無理せず、できることを続けていきたいと思います。