ヤドカリ船長の航海日誌

ラットレースから飛びだせ! 共働き子育てサラリーマン夫婦の投資、資産形成、教育ブログ

サラリーマン投資戦略 〜実践編〜 2019年の株式・ETF投資方針

ヤドカリ船長のパパです。

今年も投資の心理的障壁を下げるための株式投資方針を決めました。

2019年の株・ETF 投資ポートフォリオ

インデックス投資による分散投資

高配当株投資の配当も魅力的ですが、種銭少なく分散投資が十分できないためインデックス投資を継続。

全米累計100万部を超えるロングセラー「敗者のゲーム」でも中長期投資では低コストなインデックス・ファンドが優れていると結論づけています

2019年版 株・ETFポートフォリオ

それでは、先行き不透明な市場の中でも信頼して投資し続けられるインデックス投資は何でしょうか?

今年もWealthNavi のETF選定方法とジェレミー・シーゲルの「株式投資の未来」を参考にしながらポートフォリオを決めました。

  • 米国株インデックス(VTI)を軸に、
  • 非米国株は新興国(VWO)のみ
  • セクター戦略として生活必需品(VDC)医薬品(VHT)

2018年との大きな違いは米国除く先進国(VEA)をはずしたことです。

f:id:YadokariCaptain:20190104142324p:plain

過去の成長が将来の成長を約束することはありませんが、米国市場ETFはリーマンショック経験後も市場価値をあげています

そして、先進国市場(除く北米)のVEAをはずした理由は、長期投資(下の図は2004年から2018年)の成長率実績が優れないためです。

 

f:id:YadokariCaptain:20190104190129p:plain

図:2004年1月〜2018年12月までの投資ETF推移

 

2019年の投資戦略

NISA口座(120万円)を最大利用

昨年と同様、NISA口座を使い切ることを目標にします。

毎月第1金曜日に10万円投資

こちらも昨年と同様です。

投資内容

これまで投資した株・ETFは売却せず、「2019年版 株・ETFポートフォリオ」にあわせて買い増していきます。

 

市場の高騰や暴落により、追加投資や資金撤退したくなる時があると思いますが、投資戦略を忘れず1年間コツコツと積み立て投資を続けていくことが今年も投資目標です。

 

2018年はこのような方針を立てていました。

www.yadokari-captain.com