ヤドカリ船長の航海日誌

ラットレースから飛びだせ! 共働き子育てサラリーマン夫婦の投資、資産形成、教育ブログ

5歳児男子、平仮名練習中

こんにちは、ヤドカリ副船長の妻です。

子どもの家庭学習について、これまでは1年生のお姉ちゃん中心にしていて、二つ下の弟についてはほとんど手をかけずに時間が過ぎてしまいました。

 

f:id:YadokariCaptain:20190119205136p:plain

うちの子、このままじゃまずいかも!

しかし、気づけば弟も今年年長さん。クラスのお友達には平仮名の読み書きができる子も増えてきました。通っているのはのびのび系の保育園なので、字を教えてくれたりすることはありません。

家では、「○○くん、じがよめるんだよ〜。」と報告してくる息子。「字の練習してみる?」と誘うも、「いい、できないもん!」という返事。早生まれということもあり、全体的にゆっくりな息子ですが、「友達はできる、自分はできない」、という思考に、これはいかん!と思いました。

これまでの取り組み&お姉ちゃんとの違い

今までは、家でのお勉強はZ会の幼児コースのみ。毎月平仮名のワークもついてくるのですが、本人が嫌がるのでやらせていませんでした。

絵本は毎日寝る前に1,2冊読みきかせし、字を指でなぞりながら読んだりしています。

お姉ちゃんのときはこれだけで、教えなくても平仮名の読み書きができるようになったので、弟も同じようにしていたのですが、全くできるようになる気配がなく。。

男女の違いなのか性格の違いなのか分かりませんが、意識して教える必要がありそうです。

やりたい気持ちが何より大事

とはいえ、ワークのような練習には一切興味のない息子。

カルタが好きなので、時間があるときは皆でカルタで遊ぶようにしました。特にお気に入りなのはぐりとぐらのカルタ。絵も読み札も絵本のワンシーンのようで大人も癒やされます。ただ、息子の場合、札を字よりも絵で覚えていて、どんどん取るスピードが上がっていくけど、字は読めるようにならず。。苦笑

書く方は、お姉ちゃんがお手紙交換が好きなので、○○くんからもお手紙ほしいな〜とおねだりして、書きたい気持ちを盛り上げてます。それでも書いてくるのはぐるぐるかぐちゃぐちゃだったのですが、最近になって「ま」と書かれた手紙が。「ままのまだよ〜」と言う息子の誇らしげな顔!

「あら〜!嬉しい‼すごいねー!」とここぞとばかりに褒め倒しました。すると、やる気が出たようで、ひたすら「ま」の練習に熱の入る息子。褒め褒め作戦で、字の練習をしてもいいかな、という気になってきた様子。そこですかさずワークを投入!

落ち着きのないザ・男子の息子には、「男の子がさいごまでできるひらがな」というワークを注文してみました。まだ届いていないのでちょっとワクワク。字が書けて楽しい!嬉しい!という気持ちを大事にしたいと思います。