ヤドカリ船長の航海日誌

ラットレースから飛びだせ! 共働き子育てサラリーマン夫婦の投資、資産形成、教育ブログ

老後資金が2000万円不足する話題のレポートを読んでみた

f:id:YadokariCaptain:20190609192526p:plain
こんにちは、ヤドカリ船長です。 

金融庁の金融審議会 「市場ワーキング・グループ」報告書による老後資金2000万円不足が話題です。

めずらしいことに、ヤドカリ船長が勤める会社の同僚の間でも、年金が足りないぞ!と話題になっていました。

どのようなレポートなのか

2000万円不足の背景は、ざっくりこんな感じです。

  • 平均的な家庭の年金生活は、毎月5万円不足する
  • 毎月5万円が30年必要になる場合2000万円不足する

収入も年金給付に移行するなどで減少しているため、高齢夫婦 無職世帯の平均的な姿で見ると、毎月の赤字額は約5万円となっている。 この毎月の赤字額は自身が保有する金融資産より補填することとなる。

収入と支出の差である不足額約5万円が毎月発生する場合 には、20 年で約 1,300 万円、30 年で約 2,000 万円の取崩しが必要になる。

平均的家庭の場合であって、状況が違えば必要なお金が多くも少なくもなることに注意です。

批判な意見もありますが、2000万円という数字を出すことで世の中にインパクトを与えるという観点では良いレポートです。

みんなの対策は「長く働くこと」

レポートで引用されている日本FP協会「くらしとお金に関する調査」を調べてみました。

f:id:YadokariCaptain:20190609190711p:plain

  • 40%〜50%の人は現役で働く期間を伸ばそうとしている
  • 20代、30代は共働きや副収入を増やす選択を考えている人が増えている
  • 30代ではつみたて投資に関心を持っている人が40%もいる

現役世代の人は今のペースで60歳になっても仕事を続けられるでしょうか?

ヤドカリ船長の仕事は激務なので今のペースで働き続けられる自信はありません・・・。

そのため、30代で関心が高まっている資産形成の選択肢もあわせて持ちたいです。

まとめ

ヤドカリ家では少しづつお金を働かせる(投資)ことで不労所得を少しづつ積み上げていきます。

年金制度は問題もありますが、とても良くできた制度です。

一般市民としては年金を理解して使い倒したほうがお得です。ヤドカリ船長はこちらの本で勉強しました。

人生100年時代の年金戦略

人生100年時代の年金戦略