ヤドカリ船長の航海日誌

ラットレースから飛びだせ! 共働き子育てサラリーマン夫婦の投資、資産形成、教育ブログ

ふるさと納税、6%の人だけが使っているお得な制度!

ヤドカリ船長のパパです。

2019年もふるさと納税の申し込み期限が残りわずかになってきました!

f:id:YadokariCaptain:20171230143711p:plain

2019年、ふるさと納税はまだまだお得な制度

2019年はふるさと納税制度が見直され、総務省が次のようなルールを決めました。

  • 返礼は寄付額の30%以下
  • 地場産品以外の返礼品を認めない

おかげで、返礼率40%のジェフグルメカードがなくなったり、1万円の寄付で20kgのお米をもらえていたのが10kgに減ったりしていますが、お得な制度であることは2019年も変わりません。

ふるさと納税は金持ち優遇税制なんて批判されていますが、普通のサラリーマンでも使える制度はうまく使ったほうが賢い選択です。

例えば、年収500万円で夫婦と子供がいる場合、寄付額の目安は約4万円です。
4万円寄付できれば、実質負担2,000円で40kgものお米をもらえちゃいます。

ふるさと納税をする人は意識が高い上位6%

 総務省の調査「ふるさと納税に関する現況調査結果 (令和元年度実施)」を調べてみると、2018年には約395万人がふるさと納税を利用したことがわかりました。

日本の労働者人口は約6700万人ですから、約6%、16人にひとりがお得な制度を利用しています。知っていて使った人だけが得をしている制度なんです。

私のふるさと納税戦略

我が家は育ち盛りの子供がいるので、お米を目一杯いただくことにしました。
定期便で毎月届けてくれるふるさと納税は特におすすめです!

2018年の記事です。返礼率40%を超えたり金券がある時代ですね。

www.yadokari-captain.com

 2017年の記事です。返礼品に革靴がありました。2019年には削除されています。

www.yadokari-captain.com