ヤドカリ船長の航海日誌

ラットレースから飛びだせ! 共働き子育てサラリーマン夫婦の投資、資産形成、教育ブログ

義理チョコと孫子

こんにちは、ヤドカリ副船長の妻です。

もうすぐバレンタインですね。皆さんの職場では義理チョコ渡しますか?

f:id:YadokariCaptain:20200209142105p:plain

義理チョコいらなくない?と言ったらそんなことなかった!?

私の職場では例年若手女子が取りまとめてチョコを調達して配るスタイルです。で、ホワイトデーには若手男子がまとめてお返しを配ります。

若者はすごく気立てのいい子達なので、嫌な顔せず調達して来てくれます。でも、これって男女ともに時間とお金の無駄じゃない?と思っていた私。

昨日今年は昨年ほどは大がかりにせず、こじんまりとやりまーす、と連絡がきました。

思い切って今年からは廃止にしませんか??と女性陣に投げかけたところ、意外にも賛同者がいなかったんです!ビックリするとともに、やっちまったーって感じです。

最近は義理チョコなしの会社も増えていると聞いたし、皆やめたくても言い出しにくいだけかなと思っていたけど、違ったんですね。

事前に個別に聞いときゃよかった、と思っても後の祭り。根回しってこんなとこでも大事なんですね。

夫にこの話をしたら、「孫子も言ってるじゃん、自分のことだけじゃなくて、相手のことも知らないとダメだよって」と言われてしまいました。おっしゃる通り。

そもそも、戦いとは思ってなかったんだよなー、と思いつつ、改めて孫子先生の教えを読んでみることに。

「子ども孫子の兵法」は大人にもオススメ

つい先日、「子ども孫子の兵法」を買ったばかりだった我が家。斎藤孝先生の監修により、非常に分かりやすく翻訳されていて、子どもにも理解しやすくなっています。

例えば、「上兵は謀を伐つ」の訳は、「相手を戦いたくない気持ちにさせたら勝ち!」。分かりやすいですよね。全体では有名な孫子の格言を20前後取り上げて、解説が添えてあります。

改めて具体的な問題とともに読み返すと、「あぁそういうことか」と思うポイントが多く、納得感が違います。子どもはもちろん、時間のない大人にもオススメですよ。