ヤドカリ船長の航海日誌

ラットレースから飛びだせ! 共働き子育てサラリーマン夫婦の投資、資産形成、教育ブログ

小3のZ会、紙かタブレットか

こんにちは、ヤドカリ副船長の妻です。

進級、進学まであとわずかですね。

長女は4月から小3です。家庭学習はZ会を継続することにしました。

f:id:YadokariCaptain:20200215220732p:plain

新たにタブレットコースが登場

今年からは、紙に加えてタブレットコースができたんです。タブレットの場合、1ヶ月のスケジュールが自動配信されるほか、丸付けもその場でやってくれます。

「お子さまに自立して学習をすすめてほしい方にオススメ」とのこと。親子で使える専用アプリもあり、まさにヤドカリ家のような共働き家庭をターゲットにしているコースです。

ドリル類に加えて学校のプリントなど紙が多くて片付かないこともあり、資料を見た際には、タブレットの方が良さそうだなと思っていました。

しかも、国語・算数・理科・社会に加え、英語、総合学習、プログラミングがセットで一括配信。価格も、1年分一括払いで月額5,984円弱と塾に比べればリーズナブルです。

紙の場合、受講科目を1科目から選べます。コースがスタンダードはハイレベルに分かれており、ハイレベルの場合、スタンダードに1科目あたりプラス187円となります。

紙で、国・算・理・社・英と受講すると、1年分一括払いで7,358円とタブレットより高い!

いや、じゃあもうタブレットでいいじゃん、とほぼ結論が出た親たち。

やった気になってしまうタブレット

だけど待てよ、やるのは本人だからなと思い、一応決める前に、体験版を娘にやらせてみることに。画面をタッチするたびに問題が表示されていきます。スライドショーっぽい感じです。これなら、紙とあまり変わらないかも?

また、解説では大事な単語が隠されていて、その部分をタッチすると見えるようになるのですが、タッチすることに夢中になり、肝心の文章を読んでいない!

問題を解く場合は、選択肢を選んでボタンを押すと丸かバツが表示されるのですが、適当に押して丸付けしてる!

タブレットだと、(うちの子の場合はですが)考えないで進んでしまうということがよく分かりました。

体験版をやらせてみてよかった〜。というわけで、ヤドカリ家はタブレット導入は見送り、3年生も紙でいきます。

まだまだ家庭学習は親が見てあげないといけないということですね。