ヤドカリ船長の航海日誌

ラットレースから飛びだせ! 共働き子育てサラリーマン夫婦の投資、資産形成、教育ブログ

おうちで性教育、はじめました

こんにちは、ヤドカリ副船長の妻です。子どもの性教育ってどうしてますか?

これまでは赤ちゃんってどうして生まれてくるの?と聞かれたときには、お母さんのお腹にやってくるんだよ〜と答えていたのですが、果たしていつまでこの答えでいいのかな、ともやっとしていました。

また、性犯罪の当事者になってしまう子供は、何が良くて何がダメかを知らないことが多いんだそうです。性被害にあわないために、防犯的な意味でも性について家で教えておく必要があると感じました。

f:id:YadokariCaptain:20200223203559p:plain

性教育は学校任せにできない

まずは親が勉強するのに適当な本はないかと探していたときに見つけたのが、「お母さん!学校では防犯もSEXも避妊も教えてくれませんよ!」という本。著者は西湖湯いくアドバイザーで元泌尿器科看護師ののじまなみさん。家庭での性教育の必要性と大切さが読みやすく分かりやすく書いてあります。

何より、この本を読んでよかったのは、性教育は思春期に入ってからでは遅く、小さいときから始めた方がいいということを知ったこと。

確かに、親のことをウザいと思い始めた子供と性の話ができるとも思えません。その点うたはまだ小2と年長。だったら間に合う!よかった!というのが率直な感想でした。

お母さん! 学校では防犯もSEXも避妊も教えてくれませんよ!

お母さん! 学校では防犯もSEXも避妊も教えてくれませんよ!

  • 作者:のじま なみ
  • 出版社/メーカー: 辰巳出版
  • 発売日: 2018/12/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

やっぱり教えて良かった

子供向けに読める本をいくつか見てみて、「あっ!そうなんだ!生と性ー幼児・小学生・そしておとなへ」を買いました。決め手は、男性女性の身体の部位の名称から生殖行為について淡々と事実が書かれてあり、かつかわいいイラストでわかり易いことです。家族の形が様々であることなど、LGBTについての説明もあり、最初の1冊としてとてもオススメです。児童福祉論が専門の浅井春夫先生のほか、電話相談員、小学校教諭など5名での編著となっています。

初めて読み聞かせるとき、一体どんな反応なのか、親の方はドキドキしましたが、子どもの反応は拍子抜けする程普通で、SEXについても説明も「へ〜!そうなんだ!」と思っていた以上にすんなりと受け止めていました。

あっ!そうなんだ!性と生―幼児・小学生そしておとなへ

あっ!そうなんだ!性と生―幼児・小学生そしておとなへ

 

徐々に広がる学校外での性教育

最近は、性教育専門のサイトもあります。立ち上げたのはママクリエイター集団。

命育

https://meiiku.com

幼児期のみならず思春期の子供を抱える親からとのQ&Aなど、参考になるコンテンツが沢山あります。

子供達が性に対する正しい知識を身につけられるように、色々な情報を活用したいですね。