ヤドカリ船長の航海日誌

ラットレースから飛びだせ! 共働き子育てサラリーマン夫婦の投資、資産形成、教育ブログ

休校中にアプリSimply Pianoでピアノレッスン

こんにちは、ヤドカリ副船長の妻です。

休校が始まって1週間が過ぎました。ヤドカリ家の小2は、習い事がある日は家で、ない日は学童で過ごしています。

やはり家にいると、ドリルだけでは退屈してしまいますね。お勉強だけではないものをと思い、アプリを使ったピアノの練習を取り入れてみました。

f:id:YadokariCaptain:20200308160510p:plain

シンプリーピアノがすごい

使っているのはシンプリーピアノというアプリです。キーボードやピアノの音を拾って、流れてくる楽譜とマッチしているかを判定してくれます。太鼓の達人のピアノ版と言えば分かりやすいでしょうか。

真ん中のドの位置を教えるところからスタートするので、初心者でも大丈夫です。ちなみに、長女はピアノは習っておらず、ドレミが分かって、カエルの歌やジングルベルといった簡単な曲のメロディーを右手で弾けるくらいのレベルです。

それが練習して一週間で、譜面を見ながら喜びの歌を弾いたり、ジングルベルに簡単な左手までつけられるようになりました!

年長の弟もやってみてますが、6歳にはちょっと難しいようで、小学生くらいからがちょうどいいのかなと思います。 

このアプリは有料で、1年契約で購入の場合6,300円、月額にすると525円。無料体験版もあるので気になる人はぜひ試してみてくださいね。

iphone 、i pad 版はこちら

https://apps.apple.com/jp/app/joytunes-%E3%81%8C%E3%81%8A%E3%81%8F%E3%82%8B-simply-piano/id1019442026

アンドロンドイド版はこちら

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.joytunes.simplypiano&hl=ja

キーボードでも十分楽しい

ヤドカリ家にはピアノがありませんでしたが、今回キーボードを買いました。キーボードも色々ありますが、長く続けられるか分からないので、8,000円とお手頃価格のカシオのCTK-240(49鍵盤)を購入。カシオの場合、同じサイズで61鍵盤のCT−S200というモデルもあるのですが、値段は17,000円と倍になります。

今のところ、左手の練習をするのにも49鍵盤で全然問題ありません。

休校中のピアノレッスン、経費はアプリとキーボードで16,000円。ピアノの月謝が7〜8,000円ということを考えると、悪くない買い物じゃないかなと思います。

キーボードにスタンドをつけて置いておくほどのスペースはないヤドカリ家では、カバーをかけて部屋の角に立てかけて収納しています。 カバーがないとホコリを被ってしまうので、カバーは重要ですね。