ヤドカリ船長の航海日誌

ラットレースから飛びだせ! 共働き子育てサラリーマン夫婦の投資、資産形成、教育ブログ

年長児、保育園でのイジメ!?

こんにちは、ヤドカリ副船長の妻です。

先日は長男の保育園の卒園式でした。コロナウイルスのために短縮したプログラムでの実施となりましたが、中止にならなくて良かったです。親にとっても子供にとっても、成長を振り返り、色々と思い出してグッとくる瞬間がありました。

ですが、このわずか2週間前、我が家では保育園でのイジメ問題が発覚したのです。

f:id:YadokariCaptain:20200321183234p:plain

リュックの中に嫌がらせの手紙

その日、我が家ではバタバタといつものように朝の支度に追われていました。ふと、長男がリュックから取り出した手紙を見て、「あれ〜、なんだこれ。。」と眺めています。

見てみると、「ばか、クズ、ゴミ→◯◯」(◯◯にはうちの子ともう一人のこの名前)とクレヨンで書かれた手紙が。。「え!ひどいな!」と思い夫にも見せると、かなり怒っています。

保育園にどう伝えるのがいいか迷いながら支度をしていると、息子がその手紙をハサミで切り刻んでいるではないか!「ちょっとちょっと!どうしたの?」と聞くと、「だって嫌な気持ちだから。」とのこと。

そりゃそうだよね、と思い朝の送り担当の夫に相談すると、「きちんと園に伝えて対応してもらう。対応に納得がいかなければ区に相談する!」ときっぱり。

その後夫は、担任ではなく園長に話をしたかったところ、不在のため保育主任に対応を要望したそうです。

園の対応とその後

その日のお迎えの時間、事務室に顔を出すと、担任の先生、園長、保育主任が待っており、面談を行いました。

保育園からは普段の保育で子供たちに相手の気持ちを考えた行動をするよう伝えているが、それが守られず、息子の気持ちを傷つけてしまったことに対する謝罪がありました。子供たちに対してもどうして相手が嫌なことをしてはいけないか話をするとともに、子供たちが実践できるように働きかけていくとのことでした。

それからは、クラスで言われて嬉しい言葉と嫌な言葉についての話し合いを行ったり、サボテンを育てることにし、優しい言葉をかけると花が咲くんだよ、といった先生からの言葉かけがあったようです。

幸いにして、この後は同じような出来事は起こっておらず、息子も保育園に楽しく通えています。園に対しては、普段先生との距離が近い母ではなく、父親からバシッと厳しめに伝えてもらったことが功を奏した面もあると思います。

保育園生活もあと残り10日、笑顔でお別れができそうでホッとしています。